やっと色付いた提灯グミ

待ちに待って、やっと色付いた提灯グミ(グズベリー)、心弾ませながら一粒 捥いで食べてみました。その味は、酸味は無く成ったのですが、甘みは極々少ない大味で、お世辞にも美味いとは言えぬ味でした、一粒で断言は出来ないので続けて数個味わって見たのですが、いずれも同じく期待を大きく大きく外れた味でした。期待が大きかった分だけ、空しい味わいに感じて…

続きを読むread more

やっぱり遅咲だった羽蝶蘭

昨年7月にひょんな事から、数十年ぶりに羽蝶蘭を買って、7月16日に「羽蝶蘭を買っちゃいました」のタイトルで購入した羽蝶蘭を紹介しましたが、引き続き翌日に投稿した「原種の羽蝶蘭」のところで、「ただ今回買った羽蝶蘭にはちょっとした問題も有るのです、羽蝶蘭は球根で子孫を残しますが、その球根で咲く花は色も形も、前年の親と全く同じなのですが、花の…

続きを読むread more

提灯グミ、その後の後の後

昨年植えた売れ残り値引き品の貧弱だった グズベリーの木も、春から新芽が伸び始めて木もしっかりとして、少ないながら実も付けました。昔懐かしい味を味わいたく、未熟な実を食べてみたいのですが、一つ食べると「もう一つ」そして「もう一つだけ!」となりそうなので、じっと我慢をしています。だってぇ~、熟した実を食べた事がないので、熟す前にみんな食べて…

続きを読むread more

思いが叶った ビックリグミ

昨秋からブログを書くのも面倒になり、何度目かの長期休眠に入ってしまったのですが、年が明けて半年近くが過ぎ、ビックリグミが実ったので、気紛れな私のブログを忘れずに、時折覗いてくださる方々に、その報告を兼ねて、久しぶりにキーボードを叩き始めた次第です。 幼い頃に食べた夏グミの記憶から始まり、夏グミの大実変化種のビックリグミの存在を知り、是…

続きを読むread more

曼殊沙華の花咲いて

お彼岸も過ぎて我が家の庭先の曼殊沙華の花が咲きました。 数年前の私ならこの時期は、曼殊沙華の別名を持つ彼岸花を求めて、県内だけでは飽き足らず、群馬県、茨城県、埼玉県と、隣接県の彼岸花名所まで足を延ばしたのでしたが、近年はスッカリその気が無くなってしまいました。また最近はブログを書くのも面倒になってしまったのですが、ブログ管理画面のアク…

続きを読むread more

鬼が笑う・・・

一度はあきらめ掛けた来年の提灯グミ(グーズベリー)の実りでしたが、隣町迄足を延ばして園芸店巡りをすれば、もしかして来年実を付けそうな提灯グミ(グーズベリー)の木に、巡り逢えるのではないかと思い始め、居てもたってもいられなくなり、隣町迄いそいそと出かけて行きました。 何軒もの園芸店やホームセンターを巡った中の一店舗に、次の画像の苗木が在…

続きを読むread more

提灯グミ、その後の後

7月のある日に近所のホームセンターで、真夏にも拘らず葉が真っ赤に色付いた、提灯グミ(グーズベリー)の苗が目に付きました、その苗木を見て、幼い頃に食べた未熟の提灯グミ(グーズベリー)の記憶がよみがえり、もう一度食べてみたいと思い、その苗木を買ってきたのでした。 私の記憶では、この時期の提灯グミの葉は緑色だったような気がして、ちょっと心配だ…

続きを読むread more

送り盆

何をする訳でもないのに、何と無く気に成って居たお盆ですが、何をするでも無しに3日が過ぎて、今日は送り盆の日、帰宅していたはずの妻やご先祖様が、茄子で作った牛に乗って、黄泉の国へと戻って行く日なので、来る時に乗って来た胡瓜の馬と、これから黄泉の国まで乗って行く茄子の牛を持って、お墓まで御見送りに行ってきました。 毎年の事ですが、帰って来…

続きを読むread more

迎え盆

和裁は栃木県和裁教授会の教授免状を持ち、洋裁も得意で 毎日の様に コト コト コト とミシンを踏む音、40年間も聞いて聞き慣れて、すっかり耳に馴染んだミシンを踏む音が途絶えてから、早くも15度目のお盆を迎えました。 話は変わって、私が幼かった頃には、って、また始まってしまいましたが、このブログにアクセスしたのが因果ですから、しばしお付…

続きを読むread more

小枝 様 へ

小枝 様、先日は「一緒に涼をどうぞ」へのコメントを戴き有難うございました。 実は私、大変、大変、大変、申し訳無い事に、先程迄コメントを戴いた事に気が付きませんでした。 言い訳がましいのですが、リニューアル後にデザイン変更をして、以前と表示が変わった事による設定の不手際もあり、以前はブログを開いた時に、コメントを戴いた事をトップぺ―ジ…

続きを読むread more

懐かしの共同井戸跡

7月17日の投稿で私の幼少期に、近くに提灯グミがあった共同井戸に触れましたが、昨日その続編の様な投稿をした後に、半世紀以上も前の共同井戸が懐かしく成り、久し振りに行って見ました。 私の生まれ育った場所は、日光杉並木3街道の内の一つ、会津西街道の杉並木敷地内でしたが、現在は杉並木保護の観点から、家の建て替えはできないために、人家も居住者…

続きを読むread more

提灯グミ その後

この所の連日うだる様な暑さで何をする気も起きず、ブログの投稿も夏休みに入ってしまったのですが、今日は去る7月17日に「提灯グミ」のタイトルで紹介したグーズベリーのその後に付いて触れてみようと思います。 先ず私がグズベリーを「提灯グミ」と呼ぶ理由ですが、7月19日にも書いた通り枝に垂れ下がる実が、お祭りの提灯を髣髴させる事からなのですが…

続きを読むread more

月見草

私はこの花を「月見草」だと近年まで思って居たのですが、「月見草」と云う草花は別にあり、この花の正しい名前は「大待宵草」と云うそうな。 大待宵草は前の河原に自生しており、毎年庭先まで種が飛んで来て生えるのです。今迄は雑草として小さいうちに引き抜いていたのですが、今年は何本か抜かずに置き、近々道路に成るこの場所で咲かせて見ました。 最初…

続きを読むread more

一緒に涼をどうぞ

やっと梅雨が明けましたね、でも今まで比較的に気温が低い毎日だったので、ここ数日はことさら暑さが身に沁みます。 突然話が変わって、私のパソコンの事なのですが、私のパソコンは Windows 8.1を購入して、後に Windows 10に無料アップグレードした物なのですが、一昨日だったかな、PCのスイッチを入れると、Windows10の更…

続きを読むread more

山百合も長雨に疲れて

長かった梅雨もやっと開けるのでしょうか、一昨日そして昨日と久し振りに太陽が顔を覗かせていました、そして今日も朝から強い陽射しが、もう既に7月下旬です外を見ると山百合の花が咲いていました、でも長雨と日照不足で折角の蕾も花も茶色いシミが入り、まともには見られぬ状態に成って居ます。 こんなに長梅雨に成るとは思わず、梅雨前に巻柏の遮光材を仮り…

続きを読むread more

ユスラウメもやっぱり

昨年の夏グミから始まって、実の大きい「ビックリグミ」の存在を知り、来年には我が家でも是非実らせてみたいと思い、思いが募ったあまりに、庭中ビックリグミの木だらけの結果に成ってしまったのですが、懲りずに今度は花と実の2度楽しめるユスラウメにその思いが移行して、苗木を又々買ってきてしまいました。 3本とも赤実のユスラウメですが、中央の少し背…

続きを読むread more

グミの木だらけ

6月初めに買って植えたビックリグミが、植えてからひと月を過ぎたにも拘らず、葉の色が黄ばんだままで新芽も伸びず、さっぱり木の勢いが出て来ません、これでは来年に実を付けるのは絶望的に成って来ました。 何としても来年には数個で良いから、ビックリグミを実らせてみたくなり、運転に細心の注意を払いながら、隣町まで足を延ばして園芸店を巡り、来年に実…

続きを読むread more

今度は「提灯グミ」

私の云う「提灯グミ」とは、直径が10ミリ程の真ん丸な実で、半透明の様な球体の中に同色のスイカの様な模様が透けて見え、枝に垂れ下がる様は、恰もお祭りの提灯を思わせる様な事から、私が子供の頃には「提灯グミ」と呼んでいたのですが、「グーズベリー」又は「西洋スグリ」が正しい名の様です。 そして昨日の題材の一才グミや、夏グミ 等のグミ類とは全く…

続きを読むread more

一才 グミ

先日の「ラッキーグミ」のテーマでの投稿で、「我が家には既に2本の夏グミがあるので・・・」と言いましたが、其の後に買ったラッキーグミを合わせると夏グミは、ビックリグミを除いて3本と云う事に成るのですが、ラッキーグミの正しい名前は「西洋グミ」というらしく、また昨年に買った2本の夏グミも、一本は「西洋グミ」で他の一本は「大実苗代グミ」という名…

続きを読むread more

原種の羽蝶蘭

園芸店等で見られる現在の羽蝶蘭は、カラフルで大きな花が当たり前になり、羽蝶蘭は知っているが原種の花を見た事が無い、という方が大半だと思います。 次の画像の前列中央の花が、私が羽蝶蘭を始めた頃の原種とほぼ同じ花です、左右の花との花弁の形や花の大きさ、そして色彩の違いを見てください。 昨日紹介した新規購入の花たちは、いずれも左右の花に匹…

続きを読むread more

羽蝶蘭を買っちゃいました

私が羽蝶蘭に興味を持ったのは、今からでは40年も前の事で、巻柏に興味を持ったのと同時期でした、巻柏に興味を持って、近くの岩山に自生する野生の岩檜葉を見に行った時、岩檜葉が自生する ほぼ垂直に切り立った岩盤に、小さな小さな花が咲いていました、それが羽蝶蘭だったのです。 高所恐怖症の私ですから、下から眺める事しかできませんでしたが、当時は…

続きを読むread more

ラッキー グミ

今日のタイトルは「ラッキーグミ」ですが、画像のグミの木が「ラッキーグミ」という品種なのではありません。 ではなぜラッキーグミなのかと言うと、それはね、話せば長~い事ながら 話さなければ解らない、話は長~くなるのですが、また私のたわ言を聞いてください。 それは一昨日の事でした、紅花ユスラウメを買った 一寸 遠くのホームセンターに、…

続きを読むread more

紅花 ユスラウメ

先日ユスラウメの苗木を2本買ってきて植え、管理等をネットで調べていた所、ユスラウメには赤実と白実があり、赤実ユスラウメには白花と紅花があるとの事でした、白実のユスラウメの花は白で、赤実のユスラウメの花は白に近い淡いピンクが一般的なのだそうな。 先日買ってきて植えたユスラウメは、赤実でしたが添付の写真入りラベルには、どこにも紅花とは書い…

続きを読むread more

万歳三唱

私がブログを始めて直ぐの時、私の分身であるこの河童を何度か登場させましたが、その時以来のブログデザインを今回変更して、新デザインもどうやら馴染んで来たので、分身河童が万歳三唱をしたいそうで、久方ぶりに登場させました。 なぜ分身河童かと云うと、それはね、このブログを始めるより前の事ですが、私が自分のHPに画像掲示板を開設していた当時に、…

続きを読むread more

紫陽花の咲く駅 2

昨日の画像は、レトロ感一杯のプラットホーム待合室が主体に成り、肝心な紫陽花は そっちのけに成ってしまったので、今日は紫陽花を主体に写した、プラットホームの写真を選んでみました。 プラットホームに咲く紫陽花を撮影していた時に、時刻表にはない回送列車が駅に入ってきました、いつもの列車と少し様子が違うので、カメラを向け続けると、窓枠にガラス…

続きを読むread more